やんばる光花園

これからメニューに加わるもので生姜やシマナーなどがありますが、これらの素材は沖縄のやんばる光花園の光行八重子さんから仕入れています。

Scone Kitchen パニパニが一体どんな素材を使っているのか?気になるところだと思いますので、今日は生産者について少し触れてみたいと思います。

乾燥機と八重子さん
    乾燥機と八重子さん

やんばる(沖縄の北部地区)で特産品づくりにかかわる内に、自分でも農業を始めるようになったと話す光行八重子さん、ローゼルや紅芋、パイナップル、ドラゴンフルーツ、シークワーサーなどの栽培および加工品を手掛けています。つまり今で言うところの6次産業です。

八重子さんはWWOOFのホストで、WWOOFerの受け入れもしています。

WWOOFとは、有機栽培を核とする農業生産者が「食事と宿泊場所」を提供する代わりに、WWOOFerに農作業を手伝って貰う仕組みのことです。 

私が八重子さんを訪ねた日も、香港、台湾、アメリカからやってきた若さ溢れるWWOOFer達が農作業に精を出していました。

 

WWOOFとは

World Wide Opportunities on Organic Farms「世界に広がる有機農場での機会」の頭文字

 

八重子さんの開発したジャムやローゼルティは地元の直売所で販売されています。また「ローゼル粉末ジャムの素」は農林水産省のホームページにて「全国のジャムSelection」として紹介されております。

 

今年の6月、沖縄に帰省した時、はじめて八重子さんとお会いしました。

急な帰省だったため、姉と2人で突然訪問する形となりましたが、懐かしいチキナーチャンプルーのお弁当で歓待していただきました。(ごちそうさまでした!)

 

そして、地元やんばるの特色を生かした特産品作りにかかわるようになった経緯やWWOOFのこと、これから始める未亡人カフェのことなどを活き活きと語ってくださいました。

 

楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまった今回の訪問、年齢を重ねてもチャレンジ精神旺盛な八重子さんは明るく素敵な女性でした。

お手本としたいですねー。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    nao (日曜日, 26 8月 2012 22:39)

    ぱにぱにさん

    こんばんは。
    スコーン作製はいかがですか?

    シークアーサーと生姜のアイシングとてもおいしいです。
    いろいろ大変と思いますが、また食べれる日を楽しみにしてます。

    イベントなどありましたら、お知らせくださいね。
    待ってます。

    印西市 nao

  • #2

    パニパニ (月曜日, 27 8月 2012 00:58)

    naoさん

    おはようございます。
    お陰さまでやっと壁が突破できそうです。
    今、お得なメニューを考えており、準備ができたら販売再開します。

    > イベントなどありましたら、お知らせくださいね。
    了解しましたー。