腹の立つこと、不気味なこと。

私の故郷は沖縄です。

沖縄に翁長県政が誕生してから約1年、その間、歴史を持ちだし被害者意識丸出しで沖縄と本土を分断するかのような言動に眉をひそめていたのですが、あろうことか、先の国連人権委員会での知事の演説は、沖縄県民を少数民族と国連に認めさせたNGO団体(市民外交センター反差別国際運動)のお膳立てで実現したそうな・・・。(怒) 動画1 動画2

沖縄県民は知らないうちに少数民族になっていたわけです。

それも沖縄とは全く関係のないものが勝手にそのような活動をしている、これって県民を馬鹿にしていませんか。本当に許しがたい行為ですが、もっと驚くのは、その団体のシンポジウムで琉球新報の潮平編集局長が「沖縄はアメリカの領土でもないし、日本の領土でもない」と発言していることです。(怒) 動画

もっともっと腹が立つのは、翁長知事がその場にいながらその発言に反論していないのです。(怒)

それでこのことを琉球新報・沖縄タイムスが報道したかというと全く言及なし、知事の演説を称賛する記事で溢れかえっているばかりか、そのNGO団体の代表を紙面で取り上げているのには開いた口が塞がりません。

おーいおい、視点がずれていませんか???

勝手に沖縄県民を少数民族として活動しているんですよー。(怒)

翁長知事、琉球新報・沖縄タイムスの2誌およびこのNGO団体はいったい沖縄をどうしたいのですか。(不気味)

今、沖縄が本当に心配です。