⑮古民家をカフェにするのは想像以上に大変!

築年数が140年ともなると、建物のいたるところに歪みが見られます。また柱が細く、開口部(窓)が広いなど、構造上の問題もあり、今回の改装工事では元々あった柱や壁を残しています。

↓見る角度は違いますが左が改装前、右は改装後の同じ場所(柱と下がり壁)です。

↓新壁と旧下がり壁の間に冷蔵庫を設置するも、

 冷凍庫の扉が旧下がり壁に当たってしまい全開できません。( ;∀;)

業者さん、きっと扉の開け閉めを考えずに図面にしちゃったのでしょうね。

スコーン作りに冷凍庫はなくてはならないもの、下がり壁を一部分削って一件落着です。(^^)