ガスオーブン

都市ガス仕様のオーブンをLPガス仕様にするには、カロリー変換工事が必要になります。

勝田台は都市ガス、新店舗(笠神)はLPガスのため、プロパンガスの業者さんにカロリー変換工事をしていただきました。

試しに早速スコーンを焼いてみたところ、立ち上がりが早いのが特徴のガスオーブンにも関わらず、設定温度に達するまでの時間が従来の3倍以上かかってびっくりー。

それより何より、途中、むら焼け防止に天板入れ替え作業(オーブンを開け閉めするので必然的に温度が下がる)するのですが、従来1分足らずで設定温度に達していたものが8分以上もかかる始末で、これはこれは困ってしまいました。

このままでは仕事にならないため、業者さんに再度見ていただいたところ、カロリー変換工事までは適切に行われたが、その後に行うべき弁の圧力調整をしていなかったとのこと。なぜ、そうなったか。

カロリー変換工事する際、業者はリンナイから部品を調達し、添付の指示書に基づいて工事します。この指示書に圧力調整についての記載がなかったらしい。

リンナイさん、不親切ですねー。