残念な手すり & 素人のプロ仕事

築140年の古いお家のリフォームもウッドデッキの手すりの取り付けで工事が終わる筈でした。

なのに、待ちに待ったウットデッキの手すりがこんな残念な仕上がりになろうとは・・・。(-.-)

明後日また業者さんとお話します。(-.-)

それに比べ、友人の夫君が作ってくれたラティスフェンスの出来栄えが見事なこと、この暑さの中、早朝からホームセンターに出かけて部材の買い出しから取り付けまで、それが終わったかと思うと、照明や鏡の取り付け、飾り棚設置etc.と本当によく動きます。

一方、マリメッコの生地を使った補助椅子は友人が生地持参で作ってくれました。

2人のセンスと働きで、日々素敵なカフェに変身していく様を見て、ついには夫がR子ちゃんのことをR子様、夫君のことをF様と呼びかけるようになりました。(^O^)