大家さんやご近所の皆さんのお蔭で。

秋から冬にかけて農家の原風景を楽しませてくれたカフェの前庭。(大家さんの力作) 

季節は変わり、春の訪れを前にしたカフェの前庭には線路の枕木がドーンと4本置かれています。

これは先週の定休日に、いつもお世話になっている大家さんとご近所のAさんのお二人がどこかから運んできたらしく、「花壇に使うと雰囲気が良くなるよ」と私に後から話してくれました。

普通だったら中々手に入らない貴重な枕木です。本当にありがたいですね。

それにこんな重たい枕木を、とても若いとは言えないお二人が、カフェのためにひと肌もふた肌も脱いでくださったのです。

大家さん、Aさんにはこの場を借りて御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

 

さて、この枕木を生かした花壇作りをただ今考え中です。

殺風景だった前庭、どんなふうに変身するのでしょうか。

皆さんお楽しみに~