フワフワかき氷はいけますね!

お客さまから「こんなメニューがあったら嬉しいです。」と色々リクエストいただきました。

その中で、これからの暑い夏のカフェメニューとしてピッタリと思ったのが、シークワーサージュースや粟國の塩サイダー、かき氷の3つです。

シークワーサージュースと粟國の塩サイダーは、配合の割合が決まればカフェにある材料でできるので、ハードルはそれ程高くない、問題はかき氷です。というのも私、かき氷はジャリジャリしたものという記憶があって、長年かき氷を食べたことがないんです。

なので、まずは食べてみないことにはわからないということで、リクエストいただいたTさんから、おいしいかき氷情報もたくさんいただきましたので、今日は佐倉と我孫子を梯子してかき氷を食べてきました。

佐倉天然温泉 澄流(すみれ)いちごのプレミアムかき氷

夫とランチを兼ねて行ってきました。

泡状のものが表面にかかってオシャレ、それにいちごの果肉が入って、見るからに美味しいそう。

夫も一口食べて「これは良いねー」と気に入ってましたね。

フワフワのかき氷で大変美味しかったです。

 

我孫子の吉岡茶房さんの黒蜜きなこ

偶然にも、かき氷機の真ん前のカウンター席に案内され、目の前で黒蜜きなこの作り方を見ることができてとてもラッキーでした。♪

黒蜜かき氷は950円という値段だけあって、サイズが大きい。こちらもフワフワで美味しかったのですが、氷で黒蜜が薄まってしまうせいか、もう少し黒糖の濃厚さが欲しいかな、そんな気がしました。

大家さんのかき氷

一昨日、偶々大家さんがカフェの庭でかき氷をふるまってくれました。

昔ながらの手動のかき氷機、雰囲気はバッチリですね。

なんでもフワフワのかき氷を作るコツは氷を削る刃の調整にあるんだとか。刃を長く出し過ぎるとジャリジャリな食感に、かといって刃が短すぎても氷が削れなくなるので、その辺の調整が難しいらしいです。

大家さんのかき氷は市販のシロップを使用した、いわゆる夏祭りのかき氷ですが食感はフワフワ、中々美味しかったです。ご馳走様でした。