about us
焼き菓子の素人がNHKの料理番組を見てひらめき、56歳ではじめた小さなスコーン専門店。
田園風景が広がる長閑な住宅地でひっそりと営業しています。
製造は一人で手作りしているため、一日に作れる数に限りがあります。お待たせすることもあると思いますが、その際はご容赦ください。

当店のスコーンは、古家を改装した小さなキッチンで一つ一つ丁寧に手作りしています。
美味しさの秘密はこだわりの材料と、素材の美味しさを最大限に引き出す独自製法で仕上げているからです。
繊細で品の良いサクサク感と、ふんわりしっとり口溶けの良い生地は、パニパニならではとご好評を得ております。また、相反する食感の対比と風味豊かな味わいが、従来のスコーンの概念を覆す美味しさと誰もが驚きます。
甘さ控えめですが、単体で十分美味しくいただけます。まずはジャムやクロテッドクリームを添えずにそのままお召し上がりください。
お飲み物はコーヒーや紅茶だけでなく、日本茶、牛乳などともよく合います。お好みのお飲み物と個性あふれるパニパニのスコーンで、心温まるひと時をお過ごしください。

パニパニの歩み

平成24年6月、千葉県八千代市勝田台の古びたアパートの一室を工房に改装し開業。一年も経たずに人気店となる。特にオンラインショップは、注文から発送まで最大二か月待ちの人気ぶりであった。

◆平日
 オンラインショップからの注文を受注発送。

◆毎週土曜日は工房販売デー
 間口半間の玄関にテーブルを並べてのスコーン販売であった。

平成28年7月千葉県印西市に移転。
ゴミ屋敷と化した古家を改装し、カフェを併設したスコーン専門店オープン。

令和2年4月、諸般の事情により長期休業(約三年半)を余儀なくされる。

休業期間中は、セブンイレブン印西東の原店様向け冷凍スコーンを製造。(写真は同店の冷凍コーナーでの販売の様子。)
不定期販売では、個数制限を行うほど人気が高く、供給量不足を解消すべく、スコーン量産化 (OEM) に挑戦するも見事失敗。
令和5年10月、On-line shop再開。同年12月、約4年ぶりとなる自店舗販売再開。休業以前のハードワークができないため、焼きたてスコーンの提供ができず、主として冷凍スコーンを販売しています。
また、当面の間カフェの営業はありません。

原材料

当店で使用している主な現材料です。
天候や価格高騰などの理由により原材料不足に陥った場合は、他の銘柄を使用する場合があります。
極力添加物を使用しないように心がけていますが、既製品のフィリングなどは添加物入りのものがあります。

◆国産小麦粉、フランス産小麦粉
◆よつ葉バター
◆酪農限定牛乳
◆沖縄特産きび粉糖
◆トップふくらし粉(アルミフリー)
◆雪塩(沖縄県宮古島)
◆粟圀(あぐに)の塩(沖縄県粟国島)
◆勝山シークワーサ果汁(沖縄県)
◆粉黒糖(沖縄県多良間島)

屋号の「パニパニ」とは?

故郷宮古島の方言で「元気はつらつ」という意味です。老後も元気で働きたい。また、パニパニスコーンを食べた方が、元気で楽しい人生がおくれますようにとの願いを込めました。

designed by

当サイトのデザインは
千葉県市川市でアート活動を行っている
チャレンジドメンバー「あそ美」が
デザインしました。
イラスト:河津天太

access(パニパニ)

住所:千葉県印西市笠神381